ボーイを育てる旅&キャンプ

小さい子どもと一緒にキャンプや旅を楽しみます

栃木・茂木町の鷲の巣キャンプ場へ 〜前編〜

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。 

f:id:pukuchantrip:20190620134446j:plain
栃木の鷲の巣キャンプ場に行ってきました。

ここを選んだ理由は、

①益子から近い。帰りに毎年GWと11月に開催される陶器市に寄りたい

②次の予定が、栃木の知人宅。そこから遠くないキャンプ場に行きたい

③運が良ければ天の川と雲海が見られる

の3点。

 

栃木といえば、

ツインリンクもてぎの森と星空のキャンプヴィレッジが有名ですが、

気づいたときには予約は埋まってた、、、(笑)

でも、消去法で選んだわけではないのです。

高台にあって景色が良くて、

小さい子どもと過ごすのに、ちょうどいいサイズのキャンプ場でしたよ〜。

wasinosu.com

選んだのは、芝生のフリーサイト。4500円です。

AC電源付きのオートキャンプ場が5000円と、

その差500円なのですが、オートキャンプ場は木立の中。

我が家は開放感を味わいたかったので、芝生のフリーサイトにしました。

 

ただし、トイレはちょっと遠いです。

坂道も登らなきゃならない。

でも、ランタン照らして、近所の子どもがいる家族と連れ立って、

トイレに行くのは、ぽっちゃまも楽しかったみたい!

それに、遠いと行っても、道は真っ直ぐなので、迷うこともないです。

他のテントをちらりとのぞけるのも楽しいし。

直後に行った、ふもとっぱらキャンプ場の方が、

目印がなくて、よっぽど迷うし、不安になる(笑)

 

さて、話は戻りますが、

東京から常磐道を抜け、茂木サーキットの近くを通り、

キャンプ場に向かいます。

田んぼの脇を通り、敷地内の急坂を登るのですが、これがかなり急!

我が家のクルマはSUVですが、四駆ではないのと、

荷物の積みすぎで、登るのがかなりしんどかったです。

キャンプ場のおじさんが自力で作ったという、左側の新道を通ることを

全力でおすすめします!(それでも結構急です) 

f:id:pukuchantrip:20190620134513j:plain

キャンプ場に着いたのは1時すぎ。

GWで混んでいそうだったので、早めに入りました。

でもね、我が家がテント立てた後、夕方になってから

芝生が広い、一等地が空いたんです。

結局、そこには誰もテントを立てず、

翌朝、子どもたちのいい遊び場になっていました。

フリーサイトは、早めに行くといいとこ取れるってわけじゃないのね、、、

とはいえ、雨予報だったので、

降り出す前に猛スピードで、テントを立てました。

 

テントを立てるときは、息子・ぽっちゃまにももちろん手伝ってもらいます。

特に、テント内の設営は、ぽっちゃま担当。

インナーテントの留め具をつける、断熱材を敷く、

インナーシートとラグを敷くのは、最近はこなれてきて、

やり方を教えなくても、自動的にやってくれるようになってきました。

4歳でも侮れない!

f:id:pukuchantrip:20190620133611j:plain

この時点で雨降る寸前。ご覧の通り、空は真っ暗。

焦ってて、タープが前後逆になっちゃったけど、

直していて、雨に降られたら最悪なので、まあいいかってことにしました(笑)

動きづらかったけど、、、

普段は買い物が先ですが、この日は天気の関係で先に設営をしました。

 

テントを立て終わり、車で10分ほどの、スーパーに買い出しに。

なかなか広くて、ベーカリーのパンもおいしかったです。

隣に薬局のカワチもあるので、虫よけとか忘れ物を買うのにも便利です。

www.kamashin.co.jp

重たいビールや水は現地で買うようにしています。

富士吉田もそうだったけど、

栃木には地産の新鮮な肉が東京よりはお安く売っていて、

それが楽しみでもあります。

地域によって食べるものが違うとか、ぽっちゃまもいつか気づくといいな。

我が家もラム肉を追加で買いました!

でもって、スーパー行っているうちに雨が降ってきました。

焦ってテントを立てて正解、結構な雨でした。

 

帰ってきても、やることないので、明るいうちからごはんの準備。

かんぱーい!

ぽっちゃまは牛乳があれば満足(笑)アンパンマン牛乳にご満悦です。

f:id:pukuchantrip:20190620135055j:plain

f:id:pukuchantrip:20190620133621j:plain

f:id:pukuchantrip:20190620133309j:plain

栃木産(だったと思う)のラム肉、コクがあって美味しい!

家で切ってきた野菜と煮込む。

雨が降っていたから、今回はコンロで調理。

 

f:id:pukuchantrip:20190620133325j:plain

スーパーで買った、ふきのとうも美味。200円とかそこらでした。

手前はおつまみの笹かまです。

 

「雨でも子連れでキャンプ行くの?」って驚かれることも多いけれど、

そりゃ、イヤです、雨は(笑)

でも、雨の音とか匂いを感じるのは、都会のマンション暮らしでは経験できないこと。

それに、タープの下でゆっくり話したり、

テントの中で、カルタやったり、絵を描いたりするのもいいかな〜と思っております。

f:id:pukuchantrip:20190620133407j:plain

この日はグループキャンプも多かったのだけれど、

多少離れてたし、雨の音も幸いして、程よい感じでよその音が聞こえるくらい。

「眠い〜」とぽっちゃまが言い出したのは、夜7時。

そのまま、歯を磨いて、寝てしまいました〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

長期休みのスケジュール

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。 

GWの10連休は、キャンプや外遊びでしっかり遊び、

リフレッシュできて、いい令和のスタートが切れています!

あれから1ヶ月近く経ち、テントで眠りたい気持ちがウズウズ。

バカンスが恋しい、、、

f:id:pukuchantrip:20190610171646j:plain

今さらですが、10日間フルで休んだ我が家、どんな風に過ごしたかというと、、、

 

1日目 習い事のプール、部屋の片付けと衣替え

2日目 車の点検と買い出し、部屋の片付けと衣替え

 3日目  公園/パパとぽっちゃま、部屋の片付けと衣替え/ぷくちゃん

    夜は保育園仲間とご飯

4日目  日帰りでおばあちゃん家へ

5日目  栃木の鷲の巣キャンプ場へ

5日目  栃木の知人宅でタケノコ掘り&BBQ

6日目  栃木の知人宅でタケノコ掘り&BBQ

7日目  ふもとっぱらキャンプ場へ

8日目  ふもとっぱらキャンプ場へ

9日目   おばあちゃん家でお誕生会

10日目 おばあちゃん家でゆっくりしてから帰宅

 

前半きっちりやることやって、

残りは遊牧民のごとくキャンプを開いたり閉じたりの繰り返しでした。

10日の休みが長すぎたって人もいるけど、私は大歓迎!

 

先のことを考えず、ただただ楽しく過ごすことって、

大人になってからなかなかないことだ思いました。

本当は子ども時代ってそうあるべきなんだけど、

今の子どもってやることいっぱいあるから、

息子・ぽっちゃまもとにかく思いっきり遊んで、感じて、五感をフル回転。

親も子も休みを重ねるうちに、お金をかけずに楽しむ技がどんどん磨かれて

いく気がします。

ぼちぼち、キャンプについて書いていこうと思います。

 

 

10連休の行き場所に迷ったら、多摩川でBBQ

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。

f:id:pukuchantrip:20190429214910j:plain

10連休はいかがお過ごしですか?

我が家は、そのうち何日かはキャンプの予定ですが、

東京にいる日はどうしようかな〜と迷っていたんです。

でも、いい場所見つけちゃいました!

f:id:pukuchantrip:20190429215040j:plain

多摩川の河原でデイキャンプ

多摩川といっても二子玉川とかじゃなくて

京王線のさらに奥、というか分倍河原の近くの

府中郷土の森公園の河川敷バーベキューエリアです。

二子玉川と違って、タダですよ〜。しかも駐車場も無料!

 

4月の週末、今年のキャンプ始めを前に

テントの試し張りをしに、初めて行ってみたのですが、結構広くて自由。

あったかい週末だったから、テントは100くらいありましたよ〜。 

f:id:pukuchantrip:20190429215153j:plain

偶然だけど、同じタイミングで張り始めたのが、スノーピーク3張。

左からアメニティドームM、ヴォールド、ツールーム。

みんな立てるのが早くて、我が家も頑張りました。

f:id:pukuchantrip:20190429215748j:plain

水遊びしてる人もいたけど、近づくとそれなりにドブ臭い(笑)

パパは感じないって言ってたけど、、

そういえば、多摩川は中洲に近づくにつれ流れが早くなるから絶対に入らないように、

って小学校で厳命されてたなあ。

いずれにしても少し離れてテントを立てるのをおすすめします。

でもGWは混みそうだね。。。

 

写真はありませんが、正式なBBQ場なので、水場もトイレもしっかりあります。

行きなれてる子どもたちはソリを持ってきていて、

土手を滑って、楽しんでいました。

ぽっちゃまにもソリ買ってあげようかしら。

f:id:pukuchantrip:20190429215837j:plain

ぽっちゃまはこの日もボールをひたすら蹴り、フリスピーも時々。

 

隣接されている郷土の森公園は緑がいっぱいで

お花見スポットなのはもちろん、プラネタリウムがあったり、

SLがあったり、交通公園でゴーカートまで楽しめちゃうらしい。

なんで今まで知らなかったのかしら。

とにかく、近々行かなくちゃ。またレポートします!

 

www.city.fuchu.tokyo.jp

 

 

 

キャンプを楽しむための本

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。

ある朝、4歳の息子・ぽっちゃまが「キャンプのご本だ〜」と

言いながら、パパが置いておいた雑誌『Begin』をめくっていました。

f:id:pukuchantrip:20190423122042j:plain 

「三角お屋根のテントがいい〜」

チャムスですね。確かに、色もカラフルで絵本に出てきそうなかわいい雰囲気。

 

f:id:pukuchantrip:20190429213833j:plain



今月はアウトドア特集。気になるモノがザクザク載っています。

でもって、ギアの解説が詳細ですごく参考になります。

我が家の好みは、見た目重視な面もあるから、

機能面だけに注視してないのも好き。

www.amazon.co.jp

 

f:id:pukuchantrip:20190423122335j:plain

そして、その夜も。

すっかり親のキャンプ熱に影響され、気づくと毎日めくっております。

 

そんなわけで、キャンプに向けてぽっちゃま用にも本を買いました。

f:id:pukuchantrip:20190423125827j:plain

 『10ぴきのカエル はじめてのキャンプ』

毎晩、寝る前に読んでいます。

www.amazon.co.jp

 

絵本は、「キャンプだホイホイホイ〜」と歌いながら、

読み聞かせを聞いております。4歳ってすっとく愉快!

文字通り、かえるたちがはじめてのキャンプを楽しむ話なんですが、

自分に置き換えているようで楽しそう。親が読んでてもキャンプに早く行きたくなる!

 

キャンプそのものも楽しいけど、

事前にどんなことをやるのか知ることでワクワクを深めて欲しい!

親まかせじゃなく、一緒にテントや食事もできたら、

今流行りの否認知能力が鍛えられるかも!?(笑)

 

 

三世代で行く軽井沢 〜後編〜

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。

両親と息子・ぽっちゃまと三世代で訪れた、2泊3日の軽井沢。

いよいよ最終日です。

f:id:pukuchantrip:20190416143047j:plain

目指すは、母が行ってみたい!という三笠ホテルへ。

木造による西洋建築の高級リゾートホテルです。

重要文化財ですね。

ぽっちゃまは建築よりも、松ぼっくり拾いの方が楽しそうなので

両親だけ中に入りました。

それに、私ぷくちゃんも見学したことあるんだよね〜。

通っていた学校の当時の校長先生が、新婚旅行で泊まったという話を

聞きなながら「素敵ね」って話した記憶が、、、

 

www.town.karuizawa.lg.jp

 

このまま山を登って、白糸の滝に行こうと思いましたが、

三笠ホテルで歩き疲れたという、母。

昔の建築だから、段差が多くて、歩き慣れない感じだったそうです。

f:id:pukuchantrip:20190416143143j:plain

 

予定を変更して、お土産を買いに向かったのは、スーパーツルヤ。

地元の人はもちろん、軽井沢の別荘族にも愛されるスーパーです。

実は、私の趣味のひとつは、スーパー巡り。

海外はもちろんのこと、旅先、それに都内でも行く先々で

スーパーを探索するのが密かな楽しみ。

同じ名前のスーパーでも土地柄で売ってるものが違うし、

それを発見して、ちょこちょこ買って帰るのが面白いんです。

f:id:pukuchantrip:20190416143104j:plain

ツルヤは中でもお気に入りのスーパー。

パパちゃんが出張で軽井沢に行くたび買ってきてくれる、

ツルヤオリジナルのジャムは最高です。

ジャムの種類だってこんなに〜!

ぽっちゃまと母と3人で、大興奮で選びます。

f:id:pukuchantrip:20190416143118j:plain

定番のリンゴバターはもちろん、

いちご、あんず、しょうが、巨峰、あんこなどなど〜。

ぽっちゃまセレクトでご満悦。

f:id:pukuchantrip:20190416143633j:plain

帰宅後、ジャム瓶を自分で開けられるようになり、自信がついたよう。

毎朝のように、自分で瓶を開け、

4等分にした食パンにバターやジャムを塗り分けて楽しんでます。

f:id:pukuchantrip:20190416143628j:plain

ふりかけ類もオリジナルが充実。

しそふりかけが、昔、叔母が作って送ってくれた味に近くて

嬉しかった〜。

おむすびに入れると絶品。次は大量買いしよう。

 

他には丸山珈琲とツルヤのオリジナルのものとか(安い!)

ワイン類も安いし、BIOの種類も多かったので

車移動をいいことに、何本も買ってしまいました。

 

リンゴジューズとか冷凍おやきとか、

BBQ用の立派なお肉とかも気になったけど、

クーラーボックスも持っていないし、

人数が多くてトランクもいっぱいなので、今回は断念。

f:id:pukuchantrip:20190416143123j:plain

次に向かうは、松本です!

両親とも行ったことがないとのことで、

ネットで調べたら、車で1時間半って話だったので、

軽〜い気持ちで向かったのですが、、、

小諸や佐久を抜けて、長野横断です。正直、かなり遠かった。

有料道路とはいえ、結構な山道と集落をぬけてひたすら走ります。

軽井沢からより、むしろよく行く八ヶ岳の方から行った方が良かった

みたい。って、運転のパパちゃん以外、みんな寝てしまったのですが。

一度に行くのはおすすめしません。

f:id:pukuchantrip:20190416143042j:plain

f:id:pukuchantrip:20190416143133j:plain

松本はちらちら桜が咲いてて、美しい街。 

松本城近くのお蕎麦やさんで、名物の蕎麦を食べてから

松本城を散策しました。びっくりするほど外国人観光客だらけ〜。

日本人は数えるほどです。

英語だけじゃなく、いろんな言葉が飛びかってました。

観光大国って本当なのね〜。

f:id:pukuchantrip:20190416143128j:plain

4歳のぽっちゃまと70代の両親も天守閣に。

ぽっちゃまはジャングルジムにハマってるので、

その感覚でひょいひょい登りますが、

足がつかないくらいの階段もあったりします。

かなり急で、親orぽっちゃまが足を滑らせたりしないかと

私はヒヤヒヤ〜。無事、登って帰ってこられて、

双方とも(笑)、自信がついたみたい。

f:id:pukuchantrip:20190416143132j:plain

おやきを食べ、東京に戻りま〜す。

tabelog.com

両親と一緒だったこともあり、

いつもなら行かない観光スポット巡りでしたが、

案外楽しかったです。両親もぽっちゃまも松本城がツボだったみたい。

3人でワチャワチャやっていました。

次は三世代でどこに行こうかな〜。

 

 

 

 

 

 

 

三世代で行く軽井沢 〜中編〜

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。

両親と子どもと行く、軽井沢旅のつづきです。

 

軽井沢のアウトレットはかなり久しぶり。

前回は約10年前、、、あのとき買ったパパのビーンブーツ、私のバレエシューズ、

今でも現役で使ってます。

 

www.karuizawa-psp.jp

 

久しぶりすぎるアウトレットは、かなり広くなってた。

そしてお店がバラエティに富んでる!

東京近郊のアウトレットは三井が多いからか、

店舗や全体の雰囲気があんまり変わらないんですよね。

ところが、ここはプリンスホテル系列なので、

おおって思うようなお店が入ってたりします。

 

私は母と一緒に春物の洋服を試着したりしつつ、

(結婚前はよく一緒にデパートで買い物してたのを思い出した)

ぽっちゃまは公園で約束したアイスです。

f:id:pukuchantrip:20190412133107j:plain

旧軽でも食べたいの我慢したもんね〜。

 中央の芝生広場で食べました。この広場にはキッズスペースもあって、

ソリとかもできるんですが、もちろん有料だし、遊ぶ時間がもったいない。

なので、ぽっちゃまを誤魔化しつつ。。。(でもすぐバレた)

 

でも寒すぎて、途中でギブアップ。

残りは母と私で食べました。

 

 


目指すはキャンプ用品が揃う、アウトドアブランド&スポーツ用品エリア。

何ですが、アウトレットのほぼ端っこにあるんです。

というか、軽井沢駅のすぐ近く。電車で来た人にはとっても行きやすい

ベストエリアなのかも〜。

親を付き合わせるのは申し訳ないので、ここでは集合時間だけ決めて別行動です。

遊び疲れたぽっちゃまのために、念のためベビーカーを借りました。

サイズオーバーっていう見かけだったけど、爆睡です。

f:id:pukuchantrip:20190412133207j:plain

f:id:pukuchantrip:20190412133202j:plain

見つけた!

大好きなオシュマンズ。パタゴニアのフリスピーとシールを購入。

なんとシールは100円なり。パソコンに貼りました。

 

L.L.Beanで私・ぷくちゃん用のビーンブーツを探したけど、サイズがなくて断念。

見たことない色とかもあって、東京の正規店で見るのとは違うラインナップが楽しい。

キャンプ用の靴は何にしようかなあ。

夏はサンダルでいいと思うけど、

足を守ってくれて、歩きやすくて脱ぎやすいものがいいな。

去年、エーグルの長靴手放したのは失敗だったかもな。。。

f:id:pukuchantrip:20190412133519j:plain

キャンプの王道を行く、コールマンでディッシュウエアセットを購入するつもりが

こちらも単品しかなく、断念。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

迷いに迷ったのが、クーラーボックス。

定番のカラフルなクーラーボックスは持っている人も多いし、

保冷力は1日。途中で氷を買いに行かないなんてことはないにしても、

いずれは数日ぶっ通しでいくキャンプもしてみたいので、

もうちょっと保冷力があるものが欲しいと思ってたところで、

これを見つけたんです。

f:id:pukuchantrip:20190412135123j:plain

 写真はお借りしました。

 

レトロスチールクーラー。かっこいいでしょ〜。

ロゴも質感もかわいいんです。

なんですが、しっかり蓋を閉めて3日保冷する形にするには、

上の取手を立てとかなきゃならないんです。

我が家の車は普通のSUVですが、トランクが特別大きいわけじゃないし、

入るかな〜という懸念が、、、、本当に本当に迷った末にやめました。

f:id:pukuchantrip:20190412133543j:plain

 ところが、東京に帰ってきてからゆっくりリサーチしたところ、

むしろ形がきっちり四角くて、トランクの収まりがいいし、

取手の周りに細かいものを乗せればいいだけ、

しかもメルカリとかでチェックしたら、1万円超えと軽井沢の2倍超えの値段!

買えばよかった〜、と夫婦で落ち込みました。

 

でも、ここで行動が早い我が夫婦。

軽井沢は遠いけど、御殿場なら近くない?ってことで、

翌週の土曜日、すぐに電話して在庫確認。

午後の3時すぎから、御殿場のアウトレットに向かい、無事購入しました。

値段は5900円でした。

f:id:pukuchantrip:20190412135429j:plain

写真はHPよりお借りしました。

そして、軽井沢にはなかったディッシュウエアセットも在庫があって購入。

プラスチックのお皿がどうしても嫌で(雰囲気が出ないから)、

できれば白がいいなと思って探していたのですが、

他にいいのが見つからず、これに落ち着きました。

5000円とまあまあ安く買えて満足です。

インプレッションは、本格的に使い始めた後に、、、

 

2800円という安さにつられて、左のヒーリングチェアも購入。

手持ちのベンチとも色があってるしね。

f:id:pukuchantrip:20190412134555j:plain

ワッペンと同じ柄のマグネットが

レトロスチールクーラーにも付いています。

f:id:pukuchantrip:20190412134317j:plain

2800円ととにかく安い! 

そりゃヘリノックスとかと比べれば座り心地は落ちますが、

小柄な私は、身体がすっぽり包まれるように座れてなかなか良い。

ついでに、1200円でレインポンチョも購入。雨の日のお迎えにもつかえそう。

 

そして、私ぷくちゃんのニューバランス996もゲット。

私、足が小さくて22cmと子どもなみ。ニューバランスは大抵23cmからなので

一生履けないものと諦めていたんです。が、あった!

お店の方によると、「22cmは結構入ってきます」とのことなので、

これからはのぞくようにします!

 

軽井沢での経験を生かし、

万が一に備え、インフォメーションにベビーカーを借りに行ってみると、

ありました! 対荷重20キロまでのエアバギーが。

15キロのぽっちゃまは、足は多少窮屈そうではあるものの余裕〜。

1000円のデポジットで貸してもらえました。

 

ぽっちゃまのベビーカーもエアバギーだったので、

乗り心地も慣れているし、

私たち親も押し慣れているし、何よりがっしりしていてコントロールしやすいから

広大なアウトレットの移動もめちゃくちゃ楽ちん。

高いけどその価値あります。

ぽっちゃま、乗った5分後にはねんねしてしまいました。

www.airbuggy.co

 

ってことで、軽井沢のリベンジを御殿場で果たしました。

 

ちなみに御殿場のアウトレットは三菱系列。

道幅もゆったりしてるし、

見るお店は的を絞って、夕方から行って約2時間でぎゅっと買い物しました!

富士山が真正面に見えるのもいいですよね。

 

話は戻りますが、軽井沢のアウトレット、

ぽっちゃまの靴くらいしか買わなかったけど、

ぐっすり寝てくれたのが幸いして、ゆっくり見られたこともあり楽しかったです。

f:id:pukuchantrip:20190412134918j:plain

f:id:pukuchantrip:20190412134840j:plain

宿に戻って、ゆっくり夕食を食べ、カラオケ独演会も終わり

ビールを飲んで、2日目も終了です。

 

 

三世代で行く軽井沢 〜前編〜

こんにちは。親子トラベラーのぷくちゃんです。

f:id:pukuchantrip:20190410153846j:plain

両親の結婚記念日祝いで、3世代で軽井沢に行ってきました。

親をもてなすのが目的&両親はかなり久しぶりの軽井沢ってことで、

めずらしく観光スポットが中心の旅だったのですが、

それはそれでとっても楽しかったです!

でもって、親と4歳ぽっちゃまの楽しいポイントがほぼ一緒(笑)

2泊3日の楽しい旅となりました。

もちろん、アウトレットでキャンプグッズも物色してきましたよ〜。

 

1日目は、お昼ごろに出発。のんびりの旅です。

でもって、3時には軽井沢に着いた! 

平日だったこともあって、道も空いてました。

ただ、高速のトラックの多さにびっくり。

今回はパパの運転だったけど、

隣にトラックが来るとその圧が怖くて、スピード上げたくなっちゃう私です。

 

f:id:pukuchantrip:20190410154058j:plain

本日の宿は、保養所です! 参考にならなくてゴメンなさい。

子どもが生まれてから、保養所を利用するようになったのだけど、

広いし、きれいだし、料理もおいしいし、

何より泊まっている人と仲間感(もちろん知り合いではないけど)があって、

変に気を使わなくて済むのが本当に助かる。

あとは朝食と夕食がついているから、わざわざ食べるところを探したりしなくても

いいのも気に入っています。

子どもが途中で寝ちゃったら、連れて帰るのも大変だし、

旅行のときは飲みたいから、宿の中ですべて済ませられるのは子連れに嬉しい。

 

 

今回もぽっちゃまは同じ年の男の子とお友達になり、食事が終わると

一目散に談話室にかけだし、一緒に遊んでいましたよ〜。

両親も談話室でゆっくり新聞読んだり、宿に泊まっている方と交流したり、

のんびりリラックス。ホテルや高級旅館ももちろんいいんですが、

そういうところにない魅力があるなって思います。

f:id:pukuchantrip:20190410154309j:plain

この日はのんびりお風呂につかり、おいしいご飯をいただき、

ぽっちゃまのカラオケ独演会とカルタ大会で終了〜。

なかなか昔ながらの楽しみ方でしょ。

そして、おじいちゃんとおばあちゃんが競ってぽっちゃまを構いたがる(笑)ので、

私・ぷくちゃんは文字通り、何もしなくていいのです〜。最高!

 

ちなみに、最近ぽっちゃまがはまっているカルタは、ことわざカルタ

いもとようこさんのイラストが懐かしすぎて

(40年近く前の幼稚園の教材がこの方の絵だった)買ったんだけど

気づいたら「はなよりだんご〜」とか、ことわざを覚えてていい感じです。

ふふふ〜。いつか母に感謝するはず(笑)

 

f:id:pukuchantrip:20190410155301j:plain

2日目は「食事の時間です」っていう放送があるまで寝ていた、私・ぷくちゃん。

自慢じゃないけど、いつまでたっても若い頃と変わらず、寝続けられるんです。

寝るの大好きなので、昔は食事の時間が決まっているのは嫌いだったけど、

今となっては時間がしっかり決まっていると

ダラけすぎなくていいかなと思うようになりました。

両親とぽっちゃまに「遊んできていいよ」って言って、

一日中寝ちゃってそうだもの(笑)

からしっかり旅館の朝ごはんを食べて、いざ向かうは観光スポットです。

 

豪華な別荘をチラ見しながら向かった先は、

軽井沢のパワースポット、熊野神社です!

ここ、日本武尊が作ったという神社。日本武尊をお祀りした神社はたくさんあるけど

作ったっていうのがすごくありません?

でもって、細く曲がりくねった山道を上った先の碓氷峠にあるんですが、

f:id:pukuchantrip:20190410150244j:plain

長野県と群馬県の県境にあるんです。

元は1つの神社だけど、2県にまたがっているから、

名義は長野の熊野皇大神社と群馬の熊野神社の2つあって、

お賽銭箱も社務所も全部2つずつ。

かなり急な階段を登ります。ぽっちゃまもばあばも気をつけて〜!

f:id:pukuchantrip:20190410150234j:plain

 右と左に神社名を示す柱が立っています。

f:id:pukuchantrip:20190410150358j:plain

f:id:pukuchantrip:20190410150407j:plain

ぽっちゃまもおみくじを2つ引いてみましたよ〜。

 

パワースポットの杉の木。

でもって、この木を1周回ると寿命が延びるって書いてあり、

家族で一周しましたよ〜。

f:id:pukuchantrip:20190410150201j:plain

f:id:pukuchantrip:20190410150217j:plain

でもって、幹の穴がハートに見えるから、恋愛成就にもいいらしい。

思わずパチリ。

f:id:pukuchantrip:20190410151009j:plain

 軽井沢初の別荘を作ったという、カナダ出身のショー牧師の教会。

f:id:pukuchantrip:20190410151145j:plain

裏にあった別荘が簡素で洗練されていて素敵でしたが、

冬季休業中で入れず。行ってみたいな。

f:id:pukuchantrip:20190410151620j:plain

旧軽をプラプラ。

f:id:pukuchantrip:20190410151714j:plain

f:id:pukuchantrip:20190410151721j:plain

万平ホテルもしばし見学。

f:id:pukuchantrip:20190410151811j:plain

前に夏休みに行った時は並んで入った窓辺のレストランも

この日は空いていました。

お腹いっぱいすぎでアップルパイを食べられなかったのが残念。

大昔に万平ホテルの裏のキャンプ場に来たことがあるって

父が言ってたけど、どこだろう、、、、

f:id:pukuchantrip:20190410152049j:plain

 星野リゾートのハレニレテラスをぶらぶら散歩。

王道の旅ですから、お約束の沢村でランチです。

我が家のような三世代旅行も多くて、子連れもいっぱいでした。

f:id:pukuchantrip:20190410143501j:plain

さすがにパンが美味しい。

母と私はシャンパン飲んだりしたので、5人で9000円くらい。

まあお祝いなのでいいでしょう。っていうか親が払ってくれた。

 

ぽっちゃまは走る〜。

f:id:pukuchantrip:20190410143523j:plain

f:id:pukuchantrip:20190410143508j:plain

ハレニレテラスで気になったのは、モリアソビっていう雑貨屋さん。

別荘族向けの、テラスや庭で楽しむ用のアウトドアグッズというか

ピクニックグッズというか、パーティアイテムが揃っていて、

使いかたとかもおしゃれで参考になりました。

手持ちのものも売っていたりして「うんうん、そうでしょ」と

再確認したりして(笑)

 

www.hoshino-area.jp

 

軽井沢に来たのはかなり久しぶりです。

 

学校行事で毎年のように来ていたし、卒業後も同級生とよくきてた場所。

それこそ星野やがまだ星野温泉ホテルだった時代に。

宿泊料が今と比べものにならないくらい安かったんです(笑)

でもって、お湯もいいし(今のトンボの湯の源泉ですね、きっと)、

今と同じように森も散策できて気に入っていました。

 

そのうち1回は、同級生の結婚式で。

みんなで「こんなところで結婚式挙げられたら素敵だね」って話をしてた

1年以内に石の教会で結婚式挙げるという快挙を成し遂げた我が友。

4月だったのに雪が降って、一面銀世界〜。

雪の結婚式、近衛文磨の別荘だった近衛邸での披露宴、

雪降るテラスから登場する2人も素敵だったな〜。なんか青春。

でもって、振袖を事前にホテルに送っちゃってたので、雪の中振袖を着た私。

いろんな記憶が蘇ります。

f:id:pukuchantrip:20190410152300j:plain

そんな石の教会も久しぶりに。

中は撮影禁止だけど、何度きても美しいし、気持ちがいい空間。

 

トンボの湯は眠くなっちゃいそうだったので、

今回はやめておきました。

 

ここで、2時すぎくらい。

キャンプグッズ見にアウトレットにゴ〜!といきたいところですが

「大人ばっかりズルい。公園行きたい」とぽっちゃまが言い続けるので

次は公園です。

 

こんなこともあろうかと、ママはしっかり調べてきましたよ〜。

湯川ふるさと公園です。中軽にあるので、星野エリアからも遠くない!

f:id:pukuchantrip:20190410152933j:plain

森の中に広場が。じゃ〜ん。子どもが飛びつく、大型遊具。

永遠に遊び続けられるサイズで、いろんな仕掛けが隠されている。

f:id:pukuchantrip:20190410153026j:plain
浅間山が真正面に。雪がかぶった浅間山が美しい。

遊具の後ろに見える橋ですが、実はこれ北陸新幹線の線路です。

公園を横切っているのです。

ぽっちゃまは電車クルマにはまったく興味がないのですが、

電車好きの男の子は喜ぶこと間違いなし。

遊んでた1時間ほどの間にも何度か通っていましたよ〜。

f:id:pukuchantrip:20190410153735j:plain

f:id:pukuchantrip:20190410153740j:plain

 

f:id:pukuchantrip:20190410153800j:plain

公園内にはドックランや散策コース、テニスコートなどもあるようです。

 

たっぷり1時間遊んだところで、

「次はアイス食べに行こう!」とぽっちゃまを誘導し(ウソじゃない笑) 、

アウトレットに向かいます。